キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

洗顔フォームはもう卒業? 自分に合う洗顔石鹸でキレイな肌を手にいれよう!

最近では、一般の方でも基礎化粧品に関する知識が高まってきています。肌に良いものを求めて、商品に表示されている成分に非常に敏感になっているようです。
基礎化粧品の基礎の基礎といえば、やはり洗顔は一番重要な要素ではないでしょうか。

基礎化粧品

ちまたには、何百種類もの商品が販売されています。たくさんあり過ぎて、実際どんなものが肌に合うのか、知識だけが先行してしまい、決めかねてしまう方も多いでしょう。
また、洗顔のタイプも石鹸タイプとフォームタイプがあります。一昔前までは、洗顔フォーム信者がたくさんいました。しかし最近では肌への影響を懸念して、洗顔石鹸に切り替える人が増えているのです。

今回は洗顔石鹸がどうして肌によいのかをご紹介します。
まずは洗顔石鹸を使うことのメリットを見てみる

洗顔石鹸と洗顔フォームの何が違うの?

多くの方がすでにご存じかと思いますが、この二つの大きな違いは「配合されている成分」によるものです。見た目石鹸でも、洗顔フォームのような成分が配合されているものもありますので、間違えないように、きちんと確認する必要があります。

この配合成分ですが、それぞれ界面活性剤という成分が含まれており、天然界面活性剤と合成界面活性材の2種類があります。
洗顔フォームには、合成界面活性剤が含まれていることが最大の特徴です。この合成界面活性剤がお肌への負担を非常に大きくしているのです。

合成界面活性剤がどうして肌によくないの?

合成界面活性剤には、毒性の弱いものから、発がん性など、体に影響をおよぼす可能性のあるものなど、さまざまな種類があります。その中でも「硫酸」や「スルホン酸」と言われる成分は、洗浄力が非常に高く、乾燥肌や荒れる原因となります。

またタンパク質を壊す要素もあるので、せっかくお肌をきれいにする為に選んだのに、逆に負担をかけてしまうことにもなりかねないのです。

洗顔石鹸を使うことのメリットは?

多くの洗顔石鹸は、天然界面活性剤が含まれています。脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムという天然成分で作られています。合成ではない為、洗顔フォームのように、肌に必要な成分まで取り除くことがありません。
参考サイト:人気の洗顔石鹸
お肌は非常にデリケートに出来ているので、洗いすぎる必要はなく、不要な汚れをとることが目的です。天然成分でできた洗顔石鹸は、それが可能なのです。
肌へ負担をかけないことが、一番美肌への近道なのです。
洗顔石鹸と洗顔フォームの違いを見てみる

洗顔石鹸で、本来の健康的な素肌を手にいれよう

人間には本来、自力で回復させる力を持っています。化学的なものを取り入れることにより、本来の機能が低下してしまっているのです。洗顔石鹸を使うことで、肌への自然なサイクルを取り戻させ、自らうるおいを保つ強い肌へ導くことができます。

石鹸は、一つ一つ手作りされているものが多いため、若干価格は高いかもしれませんが、それなりの理由があるのです。
永遠の美肌のためなら、少しの負担でも試してみる価値はあるのではないでしょうか。

▲PAGE TOP